FC2ブログ

対馬市立今里小学校ブログ

長崎県対馬市の南西部に位置する学校です。

良いお年をお迎えください

 平成24年のブログも今日で最後となりました。たった今玄関に鏡餅としめ縄を飾ってきました。今まで今里小ブログを読んでいただき、大変ありがとうございました。良いお年をお迎えください。
shimenawa.jpgkagami.jpg

研究発表会を振り返って

 11月22日(木)の『複式教育』研究中間発表会には41名の先生方に参加していただき、無事に終了することができました。ありがとうございました。
 参加してくださった先生方の感想をもとに授業を振り返ってみようと思います。

(第1学年)単元名「ひきざん」
ねらい:11~18から1位数をひく繰り下がりのある減法計算で、被減数を分解して計算する方法(減加法)を理解する。
《授業の視点》
 ペア学習では、できるだけ自主的に学習を進めるようにさせるが、低学年ということ もあり、複式支援の先生のアドバイスを受けながら、効果的に学習が進められるようにする。

(第2学年)単元名「九九をつくろう」
ねらい:同じ3倍でも、基準量が異なれば比較量も異なることを理解し、「倍」の意味についての理解を深める。
《授業の視点》
 グループ学習で話し合いを進めたり、ICTを取り入れたりすることで授業の効率をよくし、理解を深める。また、児童が主体的に学習を進めることができるようにする。

【授業のポイント】
 1・2年生の授業は、複式支援員の先生とTTで行いました。この時期は、複式授業の入門期であるため、基本的な学習指導を行っていきました。学級担任が、複式支援講師とどう役割分担をし、どのように指導していくかを公開しました。
tei5.jpg
tei6.jpg
tei1.jpgtei2.jpg
tei3.jpgtei4.jpg

『参観者の感想より』
○1・2年生を中心に参観させていただきました。2年生については、落ち着いて3人が協力して学習を進めることができていました。パソコンやプリントなど間接指導も充実していたと思います。1年生については、2名だったので、子どもたちの活動を取り入れても良かったのでは思いました。理解の進化については、もう少し理解させるための問題に取り組ませると理解できたのではないかと思いました。文章問題の必要性を感じなかったし、たし算なのか、ひき算なのかを問うような問題だったと思います。

○1・2年生の授業を参観させていただきました。どちらの学年も一生懸命学習に取り組めていてすばらしいと思いました。研究協議でも少し話が出ていましたが、1年生の進化問題は私も難しすぎると思います。くり下がりのあるひき算の単元の中で、本時は11~18から9をひくことが目標かと思います。低学年は繰り返しやることも大切だと思うので11~18から9をひく問題を徹底してやって、その計算の仕方を繰り返し説明させることもいいのかなと思いました。


(第3学年)単元名「分けた大きさの表し方を考えよう」
ねらい:分数の大きさを比較するときは、基準量をそろえることが必要であることを理解する。
《授業の視点》
 今まで学習したことだけでは解決できない問題を、ガイドを中心に話し合う。そのときガイドの児童には、理由を明確にしながら話合いを進めさせ、共通理解ができるように司会進行をさせる。自分の意見を伝え合い、納得する解答にたどり着けたという満足感を味わわせ、ガイドの児童と協力するという意識がフォロワーには大切であることを確認させる。このようにして、間接指導でも自主的に学習を進める力を育てていく。

(第4学年)単元名「分数をくわしく調べよう」
ねらい:「帯分数」の意味を知り、適用問題に取り組み、真分数、仮分数、帯分数についての理解を深める。
《授業の視点》
 理解進化の過程では、答えの確認をリーダー役の児童が進行するリーダー学習で行う。その際には、理由も明確にしながら自分の考えを発表し合い、考え方の共通理解をさせる。このようにして、間接指導でも自主的に学習を進める力を育てていく。

【授業のポイント】
 3・4年生は間接指導において、ペア学習やリーダー学習、ガイド学習を中心に自分たちで学習を進めていきました。ガイド役の児童がどう学習を進め、問題をどうのように解決していくかを公開しました。
chu5.jpg
chu6.jpg
chu1.jpgchu2.jpg
chu3.jpgchu4.jpg
『参観者の感想より』
○3・4年生を中心にして授業を参観させていただきました。ありがとうございました。間接指導中の頑張りが印象的でした。山口先生は「“こわたり”をしてしまった。」とおっしゃいましたが、私は“こわたり”は必要だと思います。子どものつまづきに対応した“こわたり”はすべきです。

○3・4年生を参観させていただきました。ガイド学習やリーダー学習で子どもたちだけで学習する場面で自分たちで何とかしようという姿が見られ、すばらしいなあと思いました。自分たちの力で内容を理解し、進めることができるといいのになあと思います。3年生において話し合いの着眼点が少しぼやけていたため、子どもたちにはわかりにくかったようです。4年生では、レベルアップ問題は簡単だったようです。次の問題を用意しておくことも必要ではなかったでしょうか。自分たちで問題作りをしてすばらしかったです。

○3・4年生を中心に見せていただきました。3年生が図形をうまく使い、自分の考えを表現していたので、基本が良く定着しているなと思いました。どの子も自分の考えをうまく表現できていたので、ガイド学習の積み重ねの成果だと思います。


(第5学年)単元名「面積の求め方を考えよう」
ねらい:高さが平行四辺形の外にある場合でも、平行四辺形の面積の公式を適用できることを理解する。
《授業の視点》
 電子黒板で図形の変形の様子を写すことで、高さを視覚でとらえられるようにする。

(第6学年)単元名「およその面積を求めよう」
ねらい:身の回りにあるものの形について、その概形をとらえることで、面積を求めるられることを理解する。
《授業の視点》
 教える過程で、デジタル黒板と実物投影機を活用することにより、形の概形をとらえやすくしたり、およその面積を求める手順を分かりやすくしたりする。

【授業のポイント】
5・6年生は、効率的に学習を進めていくために電子黒板、書画カメラ、デジタル教科書などのICTを活用した授業を行いました。児童がどのようにICTを活用し、問題を解決していくかを公開しました。
kou5.jpg
kou6.jpg
kou1.jpgkou3.jpg
kou2.jpgkou4.jpg
『参観者の感想より』
○5・6年生の複式授業を参観。子どもたちがガイド学習などで、積極的に学習していました。5年生の面積の学習では、平行四辺形の高さを見つけるのに苦労していた。ガイドの子の能力の高さにより、正しい方向に授業が修正された。ガイドの子の能力の高さの必要性を改めて感じた。日頃の指導の積み重ねが必要ですね。電子黒板のよさと悪さの2面が出た活用であった。

○教えて考えさせる授業を効果的に取り入れることで各学年の進度(1時間の中での)に振り回されずにすむのではと大変参考になりました。5・6年生の授業では、担任以外の先生がアドバイスされる場面も多かったように思いましたが、教師が一人しかいない中でどう指導していくのかを見たい(知りたい)ので、提案授業としてはどうかと思いました。

○5年生の学習で、方眼に描かれている平行四辺形の底辺を子どもが捉えきれていませんでした。寸法のある図形の底辺は捉えることができていたのにそれが捉えきれていない理由は2つあると思います。1つは、自分の学級の子どももそうだったのですが、方眼があるためにどこからどこまでが底辺かが捉えにくいということがあるようです。もう1つは単元全体に関わることですが、電子黒板を使うあまり算数的活動による実感を伴った活動が少ないために子どもの思考がかえって制限されているように思えます。子どもの遊びながら学ぶという特質を十分に生かせないように思えます。切ったり、張ったり、くっつけたり、重ねたり、線を引いたり、比べたり、回転させたりという視覚、触覚で捉える経験が確かな学力、活用力につながると思います。同じ5年生のことですが、デジタル教科書に頼ると、しんじくんとみほさんの考えが教師の頭に浮かばなくなります。子どもは前時に長方形にしたら平行四辺形の面積を求めることができることを経験しています。特にしんじくんの考えは、デジタル教科書で見るだけではわかりづらいです。図形の学習はデジタル教科書ではなく、アナログ教材の方が子どもの意欲・思考・表現面で学びやすいと思います。一方、6年生の方は、学習内容がデジタル教科書にあっていたと思います。子どもたちにたくさんの笑顔でいた先生の姿がとてもいよかったですよ。ありがとうございました。

【授業全体を通して】
すべての授業で共通することが3点ありました。1点目は、「教えて考えさせる授業」を導入しました。2点目は、「復習」を5分、「教える過程」を20分、「考えさせる過程」を20分と時間配分を決め、ずらしを用いました。3点目は、数学的な思考力、判断力、表現力などを育てるために、互いにコミュニケーションを図る活動を取り入れるなど、言語活動の充実に力を入れました。
zen1.jpg

『参観者の感想より』
○「ガイド学習」「リーダー学習」の使い分けに興味を持ちました。来年の本発表の際も研究成果をお聞きするのを楽しみにしております。

○どのクラスも子どもたちが生き生きと取り組んでいる姿は大変良かった。そのための授業者の適切な問題提示、丁寧な支援ができていた。

○複式教育の授業改善に職員一丸となって取り組まれていることに敬意を表します。特に先進的なICTを活用され、その効果を上げていることはすばらしいと思います。
さて、授業及び紀要を拝見した感想を述べさせていただきます。「教えて考えさせる授業」は手段である。授業の目的は本時の目標を達成することにあります。本時の目標を達成するには、4つの要素があると考えます。①本時の目標②児童の実態③教材観、そしてもっとも大切なのにほとんど触れられないできた④指導者自身の指導力です。①に照らして②~④を総合的に考えながら授業設計(指導過程)を行うわけですが、目標達成のため、問題解決的な学習が適しているか、教えて考えさせる授業がいいのかが決まってくるのだと思います。また、教えて考えさせる授業を仕組むにしてもはじめから20分+20分にするのはいかがなものでしょう。内容が子どもの実態や教材等、そして自分自身の指導力によって考える過程に重きがあることもあるでしょうし、またその逆もあると思います。要は大切なものは、本時の目標の達成であり、形にはまった指導過程がはじめにありきではないのです。そのあたりのことを今後検討していただければと思います。今小の今後の研究に期待しています。お疲れ様でした。

○3本同時にあるので、どれも参観したいなと思いました。子どもたちは良くがんばっていたと思います。自分の考えを持つこと、それを伝えること、その際根拠となるよう話すことなど自分の学級でも生かしていかなければならないと感じました。来年に向けてさらにがんばってください。

○子どもたちが生き生きと活動しており、非常に感心しました。学習課題と問題把握の思考の流れを整理されたほうが、子どもの学びもスムーズに進むのではないかと思いました。教える過程で、教材のどの視点について焦点化し、子どもに考えさせるのか、教材研究の深みが必要だと思います。

○対馬に来て昨年始めて複式を持ち、大変さがわかりました。低学年では特に特に間接指導の時間を充実させることが難しかったのですが、今日のように講師の先生がついてくださると本当に助かるし、子どもたちも安心して学習できいると思いました。子どもたちが素直でとてもがんばっていたと思います。自分のクラスの子どもたちに「今小の子どもたちもがんばっていたよ」と伝えたいと思います。

○教員になって23年目になって初めて複式の授業を見ました。限られた時間の中で単式と同様の内容を進める先生方の一生懸命な姿を見て自分の甘さを思い知らされました。本当に忙しそうだなとつくづく思いました。ガイドの子どもが悩みながらがんばっている姿に胸を打たれました。

○子どもたちがひたむきに活動していて、研究が進んでいると感じた。少ない人数の中ではあるが、複式授業でのリーダー学習、ガイド学習が身についていると思った。

○子どもたちがガイドになって、うまく進めていたので驚きました。こういう経験を積み重ねているにもかかわらず、中学校では単式になるので、教師が進めることが多く、生徒の力を発揮することが少ないと反省しました。電子機器はやはり便利ですね。


 本校の研究は来年度3年目を迎えます。みなさんからいただい貴重なご意見を参考に、来年度は「教えて考えさせる授業」の「考えさせる」過程やICTの有効的活用など、さらに研究を深めていきます。これからも自ら学ぶ児童を育成し、「わかった」「できた」を実感させる複式授業を目指し、なお一層努力してまいります。

サメが捕獲されました

 午後3時過ぎに保護者から「港にサメがあがったので見に来てください。」という連絡をいただきました。ぶりなわにかかっていた大きなサメが港にあげられていました。こんな大きなサメを初めて見たので、こんなのが海にいるのかと思うととても怖くなりました。テニスをしていた小学生も部活をしていた中学生も見に行きました。
same2.jpg
same1.jpg

テニスの練習をがんばっています

 テニス部の子どもたちは寒さにも負けずテニスの練習をがんばっています。今日も午後1時から4時まで3年生以上の10人の子どもたちが練習していました。がんばっているご褒美に加瀬さんのおばあちゃんが作ってくださったぜんざいをいただきました。冷え切っていた体も温まり、おいしくいただきました。
 加瀬さんのおばあちゃん、ご馳走様でした。
tenis2.jpg
tenis1.jpg

2学期が今日で終わりです

 77日間の2学期も今日で終わりになり、本日は終業式が行われました。林田直敏校長先生から2つのお話がありました。1つは2学期の始業式で話された「努力はたし算、協力はかけ算」について通知表の所見から子どもたちのがんばりをほめられました。もう1つは、クリスマス、大晦日、お正月など伝統的な行事には意味があることを話されました。最後に「3学期の始業式で元気な顔を見せてください」としめくくられました。
sigyousiki21.jpg

【2学期をふりかえって】
3年生の橘 智華さんと國友 琉羽さん発表してくれました。
sigyousiki22.jpgsigyousiki23.jpg

【校歌斉唱】
sigyousiki24.jpg

【冬休みの生活について】
 生活指導単との鍵本先生から冬休みの合言葉「は・ひ・ふ・へ・ほ」についてお話がありました。
 は:早ね、早起き、朝ごはん、
 ひ:火遊びをしない
 ふ:不審者に気をつけよう
 へ:勉強をがんばろう
 ほ:ほしがりません 人のもの
sigyousiki25.jpg

 終業式のあと朝のマラソンの表彰と赤い羽根募金の金額が児童委員会から発表されました。
【ファイト賞表彰】
 sigyousiki26.jpgsigyousiki27.jpgsigyousiki28.jpg
 ファイト賞2 4年 藤  栞里  200周  40Km
         5年 西山 友惟  200周  40Km
 ファイト賞4 2年 根〆 颯輝  400周  80Km
 ファイト賞7 2年 日下部颯一  700週 140Km
         3年 橘  智華  700週 140Km

 赤い羽根共同募金は総額5,368円でした。皆さんのご協力ありがとうございました。責任も持って届けます。
sigyousiki29.jpg
 


もうすぐ冬休み

 2学期も残すところ今日と明日の2日なりました。大きな病気やけがもなく、2学期を終了することができそうです。玄関の掲示黒板に子どもたちの2学期のがんばりをほめ、冬休みにも「目標を持って生活しましょう」と書いてありました。
 楽しい冬休みになるよう、あと2日がんばりましょう。
keiji2.jpg

 

雨ニモ負ケズ 17号

ame17.jpg

サツマイモ料理 第2弾 スイートポテト作り 1・2年生

 18日(火)に先日の焼き芋に続き、スイートポテトを作りました。作り方はサツマイモをゆで、アイスクリームと混ぜてオーブンで焼くだけです。とても簡単なのですが、とてもおいしいスイートポテトが出来上がりました。
poteto1.jpg
poteto2.jpg
poteto3.jpg


かぶサラダをつくりました 3・4年生

 17日(月)に総合的な学習の時間に育てたかぶを収穫し、サラダを作りました。調理実習の経験の少ない子どもたちにとってはとても楽しい時間となりました。かぶも大きく育ち、とてもおいしいサラダが出来上がりました。
kabu1.jpg
kabu2.jpg
kabu3.jpg
kabu4.jpg


餅つき大会をしました

 昨日16日(日)は今里中学校区青少年育成連絡協議会の主催により、毎年行っている餅つき大会を行いました。児童生徒、保護者、地域の方々、約50名程度の人たちに参加していただき、楽しく開催することができました。地域のおばあちゃん方のお手伝いがなければ、餅つきも難しいなあと感じました。ついた餅をみんなでおいしくいただき、日ごろからお世話になっている方々にもお餅を配りました。皆さんお疲れ様でした。そして地域の皆さん、ありがとうございました。
moti3.jpg
moti1.jpgmoti5.jpg
moti2.jpgmoti4.jpg




自分たちが作った材料で調理実習をしました 5・6年生

 昨日は5・6年生が家庭科の学習で調理自習をしました。5年生はご飯と味噌汁、6年生はおかずになる一品でジャーマンポテトと大根ステーキを作りました。これをあわせるととても素敵な定食になりました。
 この調理に使った材料の芋、にんじん、しいたけ、大根、米は自分たちが総合的な学習の時間に栽培したものです。たくあんも自分たちで作りました。みんなでとてもおいしくいただきました。
tyouri1.jpg
tyouri6.jpgtyouri7.jpgtyouri8.jpg
tyouri4.jpgtyouri5.jpg
tyouri2.jpgtyouri3.jpg







焼き芋をしました 1・2年生

 昨日は1・2年生が11月に収穫いたサツマイモをぬれた新聞紙とアルミホイルに包み、焼き芋にしました。ホクホクの焼き芋が出来上がり、おいしくいただきました。中には3個も食べた子どももいました。そのあと、3~6年生も食べてもらいました。みんな笑顔の焼き芋パーティーになりました。
yakiimo3.jpg
yakiimo4.jpg
yakiimo1.jpgyakiimo2.jpgyakiimo5.jpg




加志の岡村農園を見学しました

 昨日は3年生の社会科「農家の仕事」を学習するために3年生は、加志の岡村農園を見学に行きました。「どんな野菜を作っていますか?」とか「野菜作りで工夫していることは何ですか?」などたくさんの質問をし、メモをとっていました。岡村さんの説明に子どもたちからは「教科書と一緒や。」の声も聞けました。岡村さん、大変お世話になりました。
noen1.jpg
noen2.jpgnoen3.jpg
noen4.jpgnoen5.jpg





薬物乱用防止教室を実施しました

 昨日の3校時に学校薬剤師の酒井弘子先生をお招きして、5・6年生は薬物乱用防止教室を開催しました。スライドを見ながら酒・タバコ・シンナーなどの薬物の体に及ぼす害について学習しました。また、どうしてやめることが難しいのかも学習しました。最後には校長先生にも参加していただき、誘われたときにはどう断るかを実際に体験しました。子どもたちの真剣なまなざしが印象的でした。
yakubutu1.jpg
yakubutu2.jpg

子どもの感想より(5年生)
 今日の薬物乱用防止教室で、大切なことをいっぱい教えてもらいました。特にシンナーや覚せい剤に名前があって、「あんぱん」「エス」「アイス」ということにびっくりしました。たぶん、これから先都会に出て、「あんぱんあげる。」といわれたら、理由をつけて断ります。甘いあんぱんやアイスでないので、絶対断ります。自分の体や周りの人にも害を与えるタバコ・酒・シンナーを使用しないようにします。

音読スピーチ 1・2年生

 本校では、子どもたちの表現力を高めるために月に1回、音読やスピーチを発表する機会を設けています。今回は1・2年生が担当です。1年生は「順序よく書く」をテーマに持久走大会の作文を発表してくれました。2年生は、「こんなものあったらいいな」ということで発明品を絵と文で紹介してくれました。5人全員が立派に発表してくれました。
speech11.jpg
speech12.jpgspeech13.jpg
speech14.jpgspeech15.jpgspeech16.jpg

 また、本校は読書貯金と称し、読書に力を入れています。本日は、読書貯金が100冊に達したということで3年生の國友琉羽さんが表彰されました。皆さんの今後のがんばりを期待しています。
speech17.jpg






人権集会をしました

 本日の3校時に集会室で人権集会をしました。各学年が分担して準備を進め、児童委員会が進行を担当してくれました。「人権」とはとても難しい言葉ですが、「いじめをしないでなかよくする」ために、みんなでいろいろなことを考える機会となりました。自分もそして友達も大切にすることのできる子どもたちに育ってほしいと思います。
jinken8.jpg
jinken4.jpg
jinken1.jpg
jinken3.jpg
jinken6.jpgjinken7.jpg
jinken5.jpg




昨日は対馬市防犯少年武道大会でした

 9日(日)に峰のシャインドームみねで対馬市防犯少年武道大会が行われました。とても気温が低く、寒い中でしたが、子どもたちは一生懸命にがんばりました。個人戦小学生女子の部で加瀬多恵さんが3位決定戦まで進みました。思うような結果は残せませんでしたが、今後の大会につながる大会になったと思います。次の大会を期待しています。
kendou11.jpgkendou12.jpg
kendou13.jpgkendou14.jpg



人権週間です 玄関の掲示黒板より

 11日の人権週間に向けて学校ではさまざまな取組をしています。その中でも自分の差別性に気づくことが一番大切なことだと思います。おかしいことに対して「おかしい」といえる感性を身に付けた人に育ってほしいと願っています。
keizi1.jpg

雨にも負けず 16号

ame16.jpg

募金に協力してください

 本日の児童集会は、児童委員会から赤い羽根共同募金とユニセフ募金についてのお願いがありました。それぞれに募金するわけや募金したお金の使いみちが説明されました。皆さんの善意ある募金をよろしくお願いいたします。
syukai1.jpg
syukai2.jpg

負けるもんか

 本日の5時間目に「負けるもんか」を合言葉にした持久走大会がありました。保育所の4・5歳児も参加してくれ、30名以上の保護者や地域の方々の応援のおかげでみんな自分に負けることなく、最後まで走りきることができました。
 距離は、 4歳児 2周  400M      5歳児 3周  600M
       低学年 4周  800M      中学年 6周 1200M
       高学年 6周 1600M です。
たくさんの心温まるご声援、ありがとうございました。
zikyuusou4.jpg
zikyuusou1.jpgzikyuusou5.jpg
zikyuusou2.jpgzikyuusou3.jpg




干し芋作りをしました

 本日の3・4時間目に11月に収穫したサツマイモを使って、干し芋作りを3・4年生が行いました。昔はあちこちで干してあるのが見られた干し芋ですが、最近は見かけることも少なくなってきました。保護者のお手伝いもあり、干しかごいっぱいの芋が出来上がりました。1週間後にはおいしい干し芋が食べられることでしょう。
imo2.jpg
imo3.jpgimo4.jpg
imo5.jpgimo6.jpg
imo1.jpg



対馬市立今里小学校ブログ

住所 対馬市美津島町今里291-9 電話 0920-53-2182

Author:対馬市立今里小学校

ご訪問ありがとうございます

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

シンプルアーカイブ

pictlayer

検索フォーム

QRコード

QR